本文へスキップします。

H1

社員の声

H1

コンテンツ
エディタV2

夏井 悠妃(国際事業管理部)

10年間暮らした南アフリカで格差や貧困を目の当たりにした経験から、開発の分野に携わりたいと感じ、数年の社会人生活を経て入社しました。国際事業管理部として案件のサポート部門が独立している点、幅広いセクターの案件を政府や国際機関だけでなく民間企業など多様なクライアントと実施している点に惹かれました。国際事業管理部では、主に現地政府案件の予算管理・契約関連を担当しており、今後は案件が抱えるリスクにも一早く気付けるようなスタッフになりたいと考えています。日々書面や数字とにらめっこするだけでなく、案件の先にいる人々・一緒に働いている仲間に思いを馳せながら働けることに魅力とやりがいを感じています。パデコは、高い専門性と多様性に満ちた人に囲まれ、自由闊達な雰囲気の中で自分を磨き続けられる職場です。

東京大学法学部を経て、現在、パデコで業務に従事しながら、慶応義塾大学法学部で政治学を学習中。国際連合日本政府代表部での勤務などを経て2018年入社。

坂爪 敏明(インフラ開発部)

私はパデコに入社して一年になります。現在、東南アジアの交通部門の案件を中心にプロジェクトに参加させていただいています。パデコでは、JICAのみではなく、国際機関や現地政府の案件にもチャレンジでき、国際舞台で活躍できます。私は経験年数25年と、かなりのベテランの粋に入ってから入社しましたが、そんな私にも当初より優しくいろいろ教えていただき、スムーズに業務になじむことができました。また、私も含め、パデコの社員で海外に在住している社員(または東京以外の日本に在住している社員)がたくさんいます。そのような意味でも、パデコは働き方にフレキシビリティを認めてくれる、インターナショナルな会社だと言えます。

経営学博士。日本証券アナリスト。青山学院大学経済学部、米国エール大学大学院開発経済学修士、仏国国際マネジメントスクール経営学博士。経営コンサルティング会社や欧州復興開発銀行(EBRD)でエコノミストとして数多くのプロジェクト業務を経験後、2017年入社。英国在住。

古屋 敬洋(エディティングセンター)

現在、編集担当として、主にコンサルタントの成果品作成を支援する業務に携わっています。
パデコは成長途上の組織ではありますが、開発コンサルタントの立場から国際協力に貢献できることを、皆がそれぞれの個性と能力を活かし、自由と気概をもって日々取り組んでいます。また、社員一人一人の目標や事情に合わせた働き方をサポートする制度があり、様々な垣根を越えて暖かく支えてくれる仲間がいます。
ぜひ共に働ける日を楽しみにしています。

青山学院大学文学部を経て制作・ディレクション業務を経験後、2017年入社。

Bradley Sancken(国際機関部)

My name is Bradley Sancken and I am a member of the International Agencies Division (IAD) and Business Development Division (BDD). During my education at my alma mater I undertook two internships in Tanzania and Rwanda, where I saw and experienced firsthand an immense amount of economic and political investment in these two countries by East Asian states, including Japan. This fostered a desire to learn how Japanese foreign aid works from the inside, eventually leading me to PADECO.
As a dual member of IAD and BDD my duties include promotional activities, such as preparing Expressions and Interests and proposals, team building, and business intelligence research, as well as serving as a project administrator for a variety of clients, especially the Asian Development Bank and World Bank. Through this work I have the opportunity to engage with different engineering sectors and learn more about countries throughout South and Southeast Asia.

米国St. Olaf College政治学卒。ワシントンD.C. 、ルワンダ、タンザニアなどのNGOでインターンを経て2016年入社。

大橋 悠紀(教育開発部)

高校教員だったときに訪れたアフリカで、深刻な教員不足を目の当たりにしました。どんな環境に生まれても子どもが教育を受けられるようにしたいと思い、この業界に入りました。パデコでは、教員養成大学設立やカリキュラム・教科書改訂、教員研修の政策実施支援など、幅広い教育支援を行っています。教育を少しでも良くしたい! という熱い思いを持った同僚たちと働けることにやりがいを感じています。皆さんも国際協力のプロとして、一緒に世界を良くしていきませんか。

京都府立大学卒、英国サセックス大学大学院教育開発学修士。高校教員を経験後、当社で教育開発コンサルタントとして国際協力機構の案件に従事。2016年入社。

巻本 裕嗣(経済/社会開発部)

経営コンサルティングの会社から移って3年目になりました。日本で着実に1歩進める間に、3歩進んで2歩戻る、途上国での仕事はダイナミックそのものです。ただし、未来を1歩たぐり寄せることの意味は、先進国以上に大きいことは間違いありません。
日々進化していく世の中で、本当に求められていることを既成概念に捉われず形にしていく。そんなチャレンジ精神を支える会社でありたいと、パデコは思っています。(※一社員としての見解です)

東京大学法学部卒、英国シェフィールド大学大学院国際関係学修士。大手経営コンサルティング会社で顧客の戦略立案や改革支援などを手掛ける。現在、当社にて途上国のビジネス振興案件等に関わる。2016年入社。